〇シルバー人材センターでの働き方は、「請負」と「シルバー派遣」の2種類があります。

1.「請負」

仕事をシルバー人材センターが一括して発注者と委託契約を結び、会員に仕事を提供(紹介)します。会員は請け負った仕事を自分の裁量で完成させ、センターに「就業報告書」を提出し、センターから配分金の支払いを受け取ります。発注者は業務の完了をもってセンターに契約金を支払います。

※「偽装請負」とは、
「請負」の場合、発注者と業務を請け負った会員との間には雇用関係がないため、就業する会員に対して指揮・命令はできません。また、発注先の社員と一緒になって業務を行う「混在作業」も出来ません。こうした状況は、「偽装請負」と言われる違法行為となってしまします。

 

2.「シルバー派遣」

会員は東京都シルバー人材連合と雇用契約を取り交わし、そこから発注先へ派遣される就業形態となります。なお、手続きなど窓口は八王子市シルバー人材センター事務局で行います。

※「請負」との作業形態の違い
シルバー派遣での就業は、請負ではできない発注者からの指揮・命令や、発注先の従業員と一緒に働く混在作業が中心となります。

 

☆「請負」と「シルバー派遣」の比較

項目

請負(時間に拘束されることなく自分のペースで働きたい方) シルバー派遣(決められた日数・時間等で定期的に働きたい方)
仕事の期間・内容 臨時的・短期的な就業(概ね月10日程度以内)又は軽易な業務(週20時間未満) 同左
雇用関係の有無 なし あり
発注者の指揮命令 受けない 受ける
会員が加入する保険 シルバー総合保険 労働者災害補償保険
発注者との契約当事者 シルバー人材センター 東京都シルバー人材センター連合
社会保険・雇用保険の適用 なし 同左
会員に関する報酬 配分金(雑所得) 賃金(給与所得)